理事長挨拶 


この度、新たに理事長に就任しました田中義克です。

北海道立総合研究機構 理事長 丹保憲仁

地方独立行政法人北海道立総合研究機構(略称:道総研)は、平成22 年4月に農業、水産業、林業、工業、食品産業、環境、地質及び建築の各分野からなる道立の22の試験研究機関を統合して発足し、今年で創立9年目を迎えます。


道総研は、現在、平成27年から始まった第2期中期計画に基づき、「食」、「エネルギー」、「地域」の3つを重点領域として、これまで培ってきた技術や知見を基に、様々な分野が連携する総合力を発揮しながら、道内産業の持つ技術の基本価値や行政施策の有効性を高める基盤技術の研究を実施するとともに、これを具体的な製品や施策に結びつける実用化推進の取組を進めるなど、道民生活の向上や道内産業の振興に貢献する北海道の総合試験研究機関としての役割を果たすように取り組んでいます。


一方、全国を上回るスピードで進行する人口減少・高齢化をはじめ、深刻化する資源・エネルギー問題、IoTやビックデータなどICTの急激な進化やグローバル化のさらなる進展など社会経済情勢の変化や科学技術の革新的な進展は、本道経済や道民生活にさまざまな影響を及ぼしています。


こうした時代の大きな流れに適時・的確に対応するとともに、将来を見据えた研究開発を推進していくため、来る平成32年度から始まる第3期中期計画に向けて準備を進めているところであり、引き続き長期的な将来像を明確にしながら、道民生活や産業の現場で利活用される価値の高い研究開発に一層取り組んでいきたいと考えています。


道総研は、その基本理念である「ほっかいどうの希望をかたちに!」のもと、職員一人ひとりが北海道の未来を常に意識しながら、これからも研究開発の推進を通じて、夢のある北海道づくりに取り組んでいきますので、道民の皆様のご支援とご協力をお願い致します。



  平成30年4月1日

北海道立総合研究機構
理事長 田中 義克



丹保前理事長挨拶

ページのトップへ