「北海道・沖縄発!食に関する新技術説明会」(東京・市ヶ谷)を開催します。


  道総研では、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」)が主催する技術移転イベント「JST新技術説明会」を、沖縄県工業技術センターと合同で開催します。

  本説明会は、未公開特許を含む特許技術を発明者自らが発表し、研究成果の実用化を促すことを目的としています。 
  発表分野は、「食関連技術」です。
  発表後は、発明者に質問等個別相談を行うことも可能です。
  皆様のご参加をお待ちしております。

1 日  時

  平成27年10月6日(火)10:20~15:30

2 会  場

  JST東京本部別館ホール (〒102-0076 東京都千代田区五番町K's五番町)

3 主  催

  国立研究開発法人科学技術振興機構
  地方独立行政法人北海道立総合研究機構、沖縄県工業技術センター

4  後  援

  一般社団法人北海道発明協会、一般社団法人沖縄県発明協会
  独立行政法人中小企業基盤整備機構、全国イノベーション推進機関ネットワーク

5 発表機関

  地方独立行政法人北海道立総合研究機構
  沖縄県工業技術センター
  公益財団法人函館地域産業振興財団

6 道総研の発表シーズ

(1)分散性優れた微細球状バテライト粉粒体の提供

  粒子径サイズ・比表面積・細孔径分布等の粒子設計を可能とする、真球に近い単一球状粒子の構成割合が極めて高いバテライト粉粒体の提供とその製造技術(特許第5387809号)。

(2)ヒドロキシメチルフルフラールの高収率・高速製造方法

  安価な糖であるグルコースを原料に、有機溶媒を必要とせず、水と無水カルボン酸のみを用いて、ヒドロキシメチルフルフラールを高収率で高速・連続生産できる高温・高圧水マイクロ化学プロセス製造法(特許第5369349・5549898号)。

7 イベントの詳細及び参加申込

  専用サイトをご確認ください(外部リンク)
  http://shingi.jst.go.jp/kobetsu/hokkaido-okinawa/2015/index.html

ページのトップへ