道総研セミナー

道民の皆様の関心が高いテーマについて、道総研の研究員が説明し、道総研の知見や研究成果を幅広くお伝えします。
開催が決まり次第、ホームページ等でご案内いたしますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。


札幌市立大学・道総研 研究活動展「知活(ちいき)ゼミナール(体験型)」

案内ちらしPDF


札幌市立大学と道総研が連携して、地域と一緒に知(ち)を活(い)かす共同イベント「知活ゼミナール(体験型)」を開催します。

今回は、体験型学習により、市立大学と道総研の研究活動等を紹介します。


【日時】令和元年10月12日(土)14時00分から16時00分まで
【場所】紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン (札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)
【内容】ゲーム『P055E5510N』、ユニバーサルデザイン製品、建物の研究をするときに使う測定機器の展示と体験
【参加費等】参加無料、事前申込み不要です。

【主催】北海道立総合研究機構、札幌市立大学


ほっかいどうの希望をかたちに!~道総研の研究成果 紹介パネル展~

パネル展(昨年度)の様子

道総研は北海道が設置した「総合試験研究機関」です。農業、水産業、林業、工業、食品産業、環境、地質、そして建築という8つの幅広い分野で、研究・開発に取り組んでいます。
今回のパネル展では、2015年から2019年までの間に取り組んだ研究の中から、道民の皆さんに身近なものなど、いくつかの研究成果をご紹介します。パネルのほか、実物の展示も実施しますので、ぜひお手にとってご覧ください。


【日時】令和元年10月17日(木)から19日(土)まで
          各日:10時00分から18時30分まで(19日は13:00まで)
【場所】紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン (札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)
【参加費等】参加無料、事前申込み不要です。直接会場にお越しください。


道総研セミナー「乳牛の秘密~牛乳はどうやってできるのか?~」

チラシPDF(1.8MB)が開きます

北海道の出荷乳量は全国1 位!毎年約390 万㌧もの牛乳が生産され、日本各地で消費されています。
牛乳は身近な食品で、飲み物としてだけではなく、チーズやバター、それからお菓子や食パンの原料にも使われており、私たちの食生活に深く関わっています。
私たちの豊かな食生活に貢献している牛乳は、牧場で育てられた乳牛からいただいていますが、皆さん、酪農の現場についてどれくらいご存知ですか?
本セミナーでは、酪農をもっと身近に感じていただくため、乳牛はどんなものを食べているのか、また、牧場等で牛たちはどのように暮らしているのかなど、普段はなかなか知る機会のない酪農と乳牛についてお話しします。


【日時】令和元年10月19日(土)15時30分から16時30分まで
【場所】紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン (札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)
【講演者】道総研 酪農試験場 主査(飼養) 谷川 珠子
【参加費等】参加無料、事前申込み不要です。直接会場にお越しください。


これまでの道総研セミナー概要


お問い合わせ
本部連携推進部(広報担当)
電話011-747-2804 FAX011-747-0211
メールアドレスhq-entry■hro.or.jp
(迷惑メール防止のため、上記アドレスの■を小文字の@に変えてから送信してください。)



ページのトップへ