北海道科学大学と北海道立総合研究機構による協働セミナー
『北国の豊かな暮らしをつくる~住まいと雪とエネルギーを考えてみませんか~』


道総研では「道総研ランチタイムセミナーおひるの科学」を、北海道科学大学では「市民公開講座」等をそれぞれ開催してきました。今回は両機関が連携して一般市民を対象に、「協働セミナー」を開催しました。

北海道の住いが大きく変わってゆく中で、雪・エネルギー・設備に関する事例紹介をしました。住まいづくりとこれからの北国の暮らしについて全体討論を実施しました。約150名の方にご参加いただきまして、ありがとうございました。
○主催:地方独立行政法人北海道立総合研究機構、北海道科学大学
○日時:平成27年12月9日(水) 15:00~17:30

○場所:北海道薬科大学共用講義棟 A106講義室(札幌市手稲区前田7条15丁目4-1)

プログラム

・第1部:事例紹介

「進化する北海道の住まい」(北海道科学大学・教授 福島 明)

「雪と安全に付き合う」(北方建築総合研究所・主査 堤 拓哉)

「屋根と雪のはなし」(北海道科学大学・准教授 千葉 隆弘)

「住まいの環境」(北方建築総合研究所・主査 北谷 幸恵)

「住まいの設備のこれから」(北海道科学大学・准教授 魚住 昌広)

・第2部:パネルディスカッション

当日の様子です

  

 

 

 

 

 

 

案内チラシ

   チラシPDFファイル

 

  

 

 

 

ページのトップへ