北海道科学大学と北海道立総合研究機構による協働セミナー
『北国の豊かな暮らしをつくる~寒冷地における材料性能の向上と新たな製造技術~』

  北海道科学大学と道総研が連携して「協働セミナー」を開催しました。苫小牧工業高等専門学校の先生を招いて、3機関が日々取り組んでいる研究のうち、寒冷な気候でものを使ったり作ったりする上での性能向上に関する研究と、北海道の資源を活用した機能性材料開発、金属3Dプリンターの製造技術についての研究を紹介しました。一般の方、学生を含め108名の方にご参加いただきました。

○日時:平成29年10月31日(火) 15:00~17:30
○場所:北海道科学大学 E401講義室(札幌市手稲区前田7条15丁目4-1)
○主催:北海道科学大学寒地先端材料研究所、北海道立総合研究機構

プログラム

開会挨拶
講演
①プラスチック製装具の寒冷地での安全使用に必要な材料の性質について
    (北海道科学大学 寒地先端材料研究所 研究員 村原  伸)
 ②バイオマスを機能性材料へ~木質および水産廃棄物の活用
    (苫小牧工業高等専門学校 創造工学科 准教授 甲野 裕之)
 ③施工温度が建築構造物のスタッド溶接に与える影響について
    (北海道科学大学 寒地先端材料研究所 副所長 前田 憲太郎)
 ④金属3Dプリンターによるものづくりの現状と研究紹介
    (北海道立総合研究機構 工業試験場製品技術部 研究職員 鈴木 逸人)
閉会挨拶

当日の様子です


案内ちらし(PDF)

  PDFファイル

ページのトップへ