道総研セミナー

道民の皆様の関心が高いテーマについて、道総研の研究員が説明し、道総研の知見や研究成果を幅広くお伝えします。
開催が決まり次第、ホームページ等でご案内いたしますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。


札幌市立大学・道総研『知活(ちいき)ゼミナール2018』


  札幌市立大学と道総研が連携して、地域と一緒に知(ち)を活(い)かす共同セミナー「知活ゼミナール2018」を開催します。今回は、「食と健康」をテーマに、札幌市立大学から“かしこいサプリメントの選び方”について、道総研から“乳酸菌の優れた力”について紹介します。

・日 時:10月13日(土)14:00~15:30
・場 所:紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン(札幌市中央区北5条西5丁目 sapporo55 ビル)

・講演概要 「その健康情報大丈夫?―かしこいサプリメントの選び方―」
         講師:札幌市立大学 看護学部 教授 喜多 歳子

        「発酵食品と健康 ―乳酸菌の優れた力とは!?― 」
         講師:道総研 食品加工研究センター 研究主幹 八十川 大輔

・参加費等 参加費無料、事前申込不要です。
・主催 北海道立総合研究機構、札幌市立大学


◇案内チラシ
PDFファイル

・問い合わせ先
道総研本部 連携推進部 連携推進グループ(連携推進)
電話:011-747-2900 FAX:011-747-0211
メールアドレス:hq-soudan■hro.or.jp
(迷惑メール防止のため、上記アドレスの■を小文字の@に変えてから送信してください)


道総研セミナー北海道のニシンを増やせ! そしておいしく食べよう!

    かつて北海道で漁獲量約100万トンを記録し消えていったニシン・・・。最近、その幻となったニシンが地域的に復活しつつあります。でも、いったいなぜ?本セミナーでは、ニシンの資源変動の仕組みと漁業者による資源管理の取り組みをわかりやすく解説します。
    また、以前は主に肥料や魚油などにされてきたニシンの利用方法にも、時代とともに変化が見られます。どのように変化してきたのか、その歴史と、現代の嗜好に合った新たな製品開発の取り組みについてもご紹介します。

【日時】平成30年10月20日(土)15時30分から16時30分まで
【場所】紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン(札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)
【講演者】道総研 中央水産試験場 主幹 武田 忠明、主査 山口 浩志 
【参加費等】参加無料、事前申込み不要です。直接会場にお越しください。
【主催】道総研(地方独立行政法人 北海道立総合研究機構)
案内チラシはこちら

【同時開催】「キラリと光る!北海道の注目技術 ~道総研×企業コラボ商品パネル展~」

    道総研が、ほっかいどうの希望を「かたち」にします。
    お菓子やサプリメント、建材にエゾシカの捕獲ワナ。北海道が設置した「総合試験研究機関」として幅広い分野で研究開発を行う道総研が、企業の皆さんと共同で開発した商品の事例をご紹介します。
    北海道の技術がキラリと光る商品が盛りだくさん。パネルのほか、実物の展示も実施します。 ぜひお手にとってご覧ください。
【日時】平成30年10月18日(木)~20日(土) 10時00分から18時30分まで(※20日は13時まで)
【場所】紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン(札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)


これまでの道総研セミナー概要


お問い合わせ
本部連携推進部(広報担当)
電話011-747-2804 FAX011-747-0211
メールアドレスhq-entry■hro.or.jp
(迷惑メール防止のため、上記アドレスの■を小文字の@に変えてから送信してください。)



ページのトップへ