室蘭工業大学・北海道立総合研究機構 連携協定 記念講演会

『海と人、自然と産業の新たな姿を見いだすために』を開催しました

室蘭工業大学と北海道立総合研究機構は、平成26年11月に連携協定を締結しました。協定締結による活動の柱の一つが、一次産業と工学の連携です。 室蘭の豊かな海の環境や海洋資源を維持していくために、栽培漁業などに関する試験・研究を推進する栽培水産試験場と、室蘭工業大学が連携し、自然と産業の新たな姿を考える講演会を実施しました。
今回開催した講演会では、日本クジライルカウォッチング協議会会長で写真家、海洋生物調査員の笹森氏の基調講演、室工大、道総研の講師が、それぞれの分野の講演を行い、今後の連携に向けた研究を探る非常に充実した内容になりました。当日は、115名の参加をいただきました。
 
日 時:平成27年11月30日(月)13:30~16:00
場 所:蓬崍殿(ほうらいでん) 室蘭市宮の森町1-1
次 第:
司会:室蘭工業大学地域共同研究開発センター准教授 片石温美
開会挨拶 北海道立総合研究機構 理事長 丹保 憲仁
基調講演 「北海道周辺に来遊するクジラたち」
日本クジライルカウォッチング協議会会長 写真家・海洋生物調査員 笹森 琴絵
講   演 「建設材料工学の水産・海洋問題への貢献の可能性」
室蘭工業大学 くらし環境系領域教授 濱 幸雄
講   演 「室工大とともにさらなる水産業への貢献を目指して」
道総研栽培水試 調査研究部長 佐々木 正義
閉会挨拶 室蘭工業大学長 空閑 良壽
 
当日の様子です。

ページのトップへ