第2回道総研オープンフォーラム「自立可能な地域社会の実現に向けて」

「自立可能な地域社会の実現に向けて」をテーマに、森と住まいの循環による地域産業の活性化や、北海道の優れた食材を活かした食産業の活性化について、最新の研究成果をご紹介するフォーラムを開催し、札幌市内外から443名の方々にご参加いただきました。

日時:11月27日(木) 10:00~17:00

場所:東京ドームホテル札幌 (札幌市中央区大通西8丁目)

基調講演

世界の食糧事情と北海道の食産業振興     資源・食糧問題研究所代表 柴田 明夫 氏

成果発表

第Ⅰ部 森林循環課題 成果発表

◇戦略研究の紹介  斎藤直人(チームリーダー 林産試)

◇川下の取組 地域のための「新たな住まい」の構築に向けて 糸毛 治(北総研)

◇川上の取組 森林資源の循環利用システム構築に向けて

・カラマツ資源の将来を予測する 津田高明(林業試)
・原木の生産と流通を見直す 酒井明香(林業試)

◇川中の取組 道産建材の開発と流通システムの構築に向けて

・魅力ある道産建材の開発  中嶌 厚(林産試)
・木材流通システムの開発 石河周平(林産試)

◇森林と住まいをつなげる地域産業の形成を目指して 鈴木大隆(北総研)

第Ⅱ部 食課題 成果発表

◇戦略研究の紹介 中津智史(北見農試)

◇道産豆類の機能性や特長を活かした食品開発 中川良二(食加研)

◇期待の馬鈴しょ品種「スノーマーチ」を活用した食品開発 小宮山誠一(中央農試)

◇道産小麦が生み出す食感を活かした新たな食品開発 柳原哲司(中央農試)

◇道産ホッケの美味しさ食べやすさを活かす食品開発 蛯谷幸司(中央水試)

◇道総研フードイノベーション戦略 竹内 徹(チームリーダー 中央農試)

 

フォーラムの様子

IMG_0256.JPG IMG_0250.JPG

成果展示、試食、ポスターセッションの様子

IMG_0254.JPG IMG_0283.JPG poster.JPG 

 

  • 案内チラシ

案内ちらし(PDF)

open2_flyer-01.jpg open2_flyer-02.jpg 

 

  • 配付資料

プログラム(講演資料).pdf

研究成果パンフレット「森林から住まいへ 産業連携で描く地域イノベーション」.pdf

研究成果パンフレット「たべLABO」.pdf

ページのトップへ