道総研サイエンスカフェ(北総研公開デー企画)

 
「サイエンスカフェ」とは、講演会やシンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の人々が、狭いスペースでコーヒー等を飲みながら、科学について気軽に語り合おうとする試みです。一般市民と科学者、研究者を繁ぎ、科学の社会的な理解を深める新しいコミュニケーションの手法として、世界で注目されています。
 
道総研では、旭川市にある北方建築総合研究所(北総研)の一般公開イベントで、「サイエンスカフェ」を開催し、北総研出身の4人の専門家が、「建物」や「くらし」について、市民の皆さんと一緒に考え、語り合いました。
  • 日時  平成26年 8月2日(土)

  • 場所  北方建築総合研究所 B会議室 (旭川市緑が丘東1条3丁目1-20)

第1部 地域の気候ととたてもの

講師とともに北総研の庁舎を巡り、普段見えていても気づかない、快適な建物を実現するための工夫や、建物を長持ちさせるための秘密をお話ししました。

【講師】 道総研フェロー  元北方建築総合研究所福島 明吉野 利幸

サイエンスカフェ2.jpg 

サイエンスカフェ1.jpg 

第2部 街のなりたちと災害への備え

街のなりたちには、地形だけでなく、気候や歴史、社会的役割など様々な要素が関係しています。北海道の街がどのようにできてきたか、また、それを元に将来どのような災害が予想されるか、どうしたら被害を最小限にできるかについて、お話ししました。

【講師】 道総研フェロー  元北方建築総合研究所大柳 佳紀南 慎一

サイエンスカフェ3.JPG 

IMG_3681.JPG

道総研サイエンスカフェ(北総研)_ページ_1.jpg 道総研サイエンスカフェ(北総研)_ページ_2.jpg 

 

ページのトップへ