分娩前後の低栄養が母牛と子牛におよぼす影響と子牛に対する Creep Feeding の効果

森 鬨夫・清水良彦・太田三郎

新得畜試研究報告 2.23-38(1971)

 肉牛の冬期舎飼における低栄養飼養について繁殖雌牛22頭を用て検討した。分娩前後,あるいは分娩後にNRC標準の80%のTDNで牛を飼養した場合,乳量や子牛の増体にはあまり影響がない。しかし,母牛の体重は,その間減少したり,増体が少ない等,かなり低栄養の影響を受けていることが認められた。
 また,子牛に濃厚飼料をCreep Feeding させると,母牛からの哺乳量が減り,そのため母牛の体重消耗は軽減され,子年の離乳時体重も大きくなる煩向があった。