ホルスタイン雌牛の発育様相形質と泌乳能力の関係

西村和行・塚本 達・峰崎康裕

新得畜試研究報告 14.49-52(1985)

 雌牛の成長過程においては,飼養条件のほかに妊娠,分娩および泌乳などの影響を受けるので,ある月齢での測定値によって発育様相を推定することは困難である。近年,肉用牛では発育様相を成熟値や成熟速度のような少数のパラメータに集約し,これを発育様相形質として生産性との関連を検討した報告がある。
一方,乳用牛では体格と乳量についての多変量解析,後継牛の予備選抜指標としての成長パターンの検討,体格と泌乳能力の関係などが報告されているが,発育様相形質と生産性の関連はほとんど検討されていない。
 本報告では,乳用雌牛の生時からの体格部位の測定値に非線形発育モデルをあてはめ,その適合性および発育様相形質と初産次泌乳能力との関係について予備的知見を得るための検討を行った。