水稲新品種「イシカリ」の育成について

柴田和博、柳川忠男、佐々木一男、和田 定(道立上川農試)

北海道立農試集報 25.22-34(1972)

 「イシカリ」は、「北海182号」*×「空育4号」**の雑種後代から育成された。交 配は、1960年に行ない、「空育4号」の良質化を目標に選抜固定をはかった。
 1971年3月、北海道で優良品種として採用され、同年4月、農林省に新品種として 登録(水稲農林217号)、「イシカリ」と命名された。
 特徴は、早生・多収で主要特性がすぐれており、かつ、良質である。対象品種は、 「しおかり」、「うりゅう」になり、本道の中央部向きに早生の基幹品種として推奨 しうる。