一般課題S60(S59年度)

項目中,頁は「普及奨励ならびに指導参考事項」記載頁,概要は概要書へのリンクを示します。

大項目   課題名 概要
水稲  イネの穂ばらみ期耐冷性の前歴水温による変動 69 概要
水稲  水稲「ともひかり」(栽培適地の拡大) 3 概要
水稲  水稲「たんねもち」(栽培適地の拡大) 6 概要
畑作 春まき小麦「ハルユタカ」(北見春47号) 10 概要
畑作 小豆「ハツネショウズ」(十育116号) 22 概要
畑作 大豆「トヨムスメ」(十育191号) 15 概要
畑作 えん豆「豊緑」(北育43号) 27 概要
畑作 てん菜「モノエース」(KAWE J137) 33 概要
畑作 良質食用・加工用馬鈴しょの栽培技術確立 80 概要
畑作 重粘土壌での食用馬鈴しょ栽培 84 概要
畑作 てん菜「モノヒカリ」(栽培適地の拡大) 31 概要
畑作 てん菜の短期輪作栽培における収穫・糖分の変動解析 75 概要
野菜 たまねぎ「レオ」 47 概要
野菜 ハウスメロンの一番果並びに二番果安定確収技術 93 概要
野菜 露地野菜の品種特性調査 89
(1)キャベツ 概要
(2)ハクサイ 概要
(3)ダイコン 概要
(4)ネギ 概要
野菜 ほうれんそう・にんじんの品質保持における予冷条件 97
(1)ほうれんそうの品質保持 97 概要
(2)にんじんの品質保持 99 概要
野菜 夏野菜の流通技術改善 (2)輸送実態と品質保持 101
(1)航空輸送 101 概要
(2)トラック輸送 103 概要
(3)鉄道輸送 105 概要
(4)保冷シートとドライアイスの効果 107 概要
(5)市場内における保冷処理 109 概要
野菜 組織栽培によるながいものウィルスフリー化 111 概要
野菜 ウイルスフリー化処理した食用ゆりの生育・収量並び荷びに増殖法 59 概要
果樹 りんご「ハックナイン」(HAC-9) 37 概要
病害虫 水田周辺環境とヒメトビウンカ(稲縞葉枯病)の発生生態 191 概要
病害虫 カイロモン利用によるタマネギバエ.タネバエの発生消長調査法202 概要
病害虫 ダイズ黒根病対策 193 概要
病害虫 ボトリチス属菌によるたまねぎ貯蔵腐敗の発生生態 199 概要
病害虫 弱毒ウイルスTMV-P・-18によるモザイク病の防除 198 概要
病害虫 たまねぎ跡地並びに跡作物の農薬残留 196 概要
病害虫 昭和59年度の発生にかんがみ注意すべき病害虫 185 概要
化学 寒地におけるいちごの施肥体系確立 63 概要
化学 成苗ポット水稲の栄養生理的特性と窒素の施肥法 287 概要
化学 復元田の土壌環境と施肥対策 290 概要
化学 二酸化硫黄接触による「そば」の可視被害 341 概要
化学 製糖工場余剰汚泥 310 概要
化学 畑作物の連・輪作(追補) 307 概要
化学 マンガン欠乏によるほうれんそう黄化葉症状の当面の対策 324 概要
化学 重粘性土壌のオーチャードグラス主体草地における潅漑による増収効果 329 概要
化学 根釧火山灰地帯におけるマメ科混播採草地の肥培管理 334 概要
化学 根釧地方の混播採草地における乳牛液状きゅう肥の効率的施用法 331 概要
化学 酸性硫酸塩土壌の判定法 295 概要
飼料作物 アルファルファ「リュテス」 49 概要
飼料作物 サイレージ用とうもろこし「パイオニア110」(P3732) 52 概要
飼料作物 サイレージ用とうもろこし「ヒノデワセ」(道交S8号) 40 概要
飼料作物 サイレージ用とうもろこし「ロイヤルデント85」(LG5) 54 概要
飼料作物 天北地域の放牧草地におけるペレニアルライグラスの有効性 350 概要
飼料作物 道央地域における草の生育季節・番草別の栄養価と自由採食量 352 概要
飼料作物 放牧圧と選択採食性による草地生産性の変化 347 概要
家畜 牛乳房炎の総合防除法 371
(1)成牛乳房炎の予防 371 概要
(2)夏期乳房炎の防除 373 概要
家畜 北海道における乳牛の健康指標 376 概要
家畜 肉専用種の下痢症子牛に対する投薬器を用いた経口電解質液の治療効果 380 概要
家畜 秋分娩方式における肉牛の飼養管理技術確立実証 366 概要
家畜 放牧主体によるヘレフォード去勢牛の育成肥育 363 概要
家畜 ほ乳雄子牛のマイコプラズマ性肺炎 378 概要
家畜 豚のヘモウイルス性肺炎の防除 384 概要
家畜 繁殖雄豚の育成期における飼養管理技術 368 概要
農業機械 畜産施設におけるカラマツ材利用 391 概要
農業機械 寒地農業気象に関する諸資材の開発 389 概要
農業経営 稲作転換に伴う水田作経営の生産性と作業受委託形成・成立の条件 509 概要
農業経営 十勝内陸地帯における高位地域農業複合化推進試験 -地域有機物循環システムの確立- 513 概要

ページのトップへ