秋まき小麦生育管理ツール「きたほなみ」、「ゆめちから」、「つるきち」
~NDAS、makiDAS、T-NDAS~

道総研 農業研究本部

平成29年4月25日

1.概要

秋まき小麦生育管理ツールは小麦の安定生産に向け、「きたほなみ」の播種期・播種量・窒素施肥設計、「ゆめちから」、「つるきち」の窒素施肥設計の意思決定を支援するツールです。本ツールは、北海道農業試験会議において、平成26年普及推進事項(成績課題名:秋まき小麦「きたほなみ」の生産実績を活用した窒素施肥設計法と生育管理ツール)、平成27年普及推進事項(秋まき小麦「ゆめちから」の高品質安定栽培法)、平成29年指導参考事項(硬質秋まき小麦「つるきち」の高品質安定栽培法)に採択された成果です。
生育管理ツールは「播種量計算ツールmakiDAS(マキダス)」「窒素施肥シミュレートツールNDAS(エヌダス)」「止葉期生育診断ツールT-NDAS(ティー・エヌダス)」の3つのサブツールで構成されています。生育管理ツールおよびその利用マニュアルは、本サイトからダウンロードすることで使用いただけます。
本ツールをダウンロードする前に、下記の利用許諾条件をよくお読みください。ダウンロードを開始された時点で、下記の利用許諾条件に同意して、北海道立総合研究機構との間で契約が成立したものとさせていただきます。

 

2.動作環境

生育管理ツールは、「表計算ソフトExcel」で作成されており、利用に際してはWidows上で動作するExcel が必要です(2007、2010、2013、2016は動作確認済み)。また、本ツールの容量は約2MB です。ファイルをハードディスクにインストールする際には、約3.5MB の空き容量が必要となります。

Windows、ExcelはMicrosoft社の登録商標です。

 

3.利用許諾条件

1)著作権その他の権利

(1) 本ツールの著作権その他一切の権利は、道総研に帰属します。
(2) 本ツールを無断で複製、転載、改変などに類する行為を禁止します。
(3) 本ツールを販売、貸与、再使用許諾、営業することなどはいずれもできないものとします。

(4) 事前の告知なしに本ツール変更又は配布を中止する場合があります。

2)免責事項

(1) 地方独立行政法人北海道総合研究機構(以下「道総研」という。)は、本ツールに関して不具合やエラーや障害が生じないことを一切保証しません。
(2) 道総研は、本ツールに起因して使用者に直接又は間接的損害が生じても、いかなる責任を負わず、一切の損害賠償を行わないものとします。
(3) 道総研は、本ツールに不具合、不備等があっても、程度の如何にかかわらず訂正、修補する義務を負わないものとします。


4. 問い合わせ先

本ソフトウェアに対する質問・要望等は下記にご連絡ください。

道総研 中央農業試験場 農業環境部 栽培環境グループ  TEL 0123-89-2580

道総研 北見農業試験場 研究部     生産環境グループ   TEL 0157-47-2565


5.生育管理ツールのダウンロード

本ツールの利用を希望される方は、下記のzipフォルダをダウンロードいただき、お使いのパソコンに保存の上解凍してください。現在の最新版は、平成29年4月25日版です。


■ツール

一括ダウンロード(zipフォルダ)

ツールの内容

1.播種量計算ツール makiDAS ver.1.2
2.窒素施肥シミュレートツール NDAS ver.3.1
3.止葉期生育診断ツール T-NDAS ver1.0


■マニュアル

一括ダウンロード(zipフォルダ)

1.きたほなみ生育管理ツール_かんたん使い方手順
2.きたほなみ生育管理ツール_利用の手引き
3.NDASゆめちから・つるきち版について
4.生育管理ツール_Q&A

 

ページのトップへ