03-6 表層多腐植質黒ボク土(03C)

(厚層黒色火山性土)

空知管内長沼町幌内、野菜畑、1995

 腐植含量は非常に多いが、腐植層の厚さは30cm前後以下の火山灰土壌です。未熟質、軽しょう質、ローム質など各種火山灰層からなるものがあります。十勝、釧路、根室、網走に多く分布します。土は膨軟で軽く、物理性は良好ですが、リン酸固定力が強く、微量養分が欠乏し易い点に注意が必要です。堆きゅう肥などの投入と石灰、リン酸資材の施用が重要です。この地域では主に畑地、一部水田として利用されています。
 この断面は、表層40cmまでは樽前a層(1739年噴出)と恵庭a層(1.5~1.7万年前)混在の腐植層で、以下の層は、腐朽軽石を含む褐色ローム質の恵庭a層の非腐植層からなっています。