06-6 中粗粒褐色森林土(06B)

(暗色表層酸性褐色森林土)

日高管内静内町、草地、1989

 名前の通り森林地帯(丘陵、台地)の傾斜地に普通に見られる壌質の黄褐色の土壌です。一般に褐色森林土は排水は良く、丘陵では礫質のものが多く、台地では粘質のものが多いです。この地域では畑地、草地として利用されています。
 この段面は、緩い傾斜の台地上にある褐色森林土で、35cm以下は礫が混在しています。表土(0-35cm)は黒褐色で腐植含量が多いのは、火山灰が混入しているためと思われ、リン酸固定力はやや強い値となっています。