平成 29 年(第 35 回)農業新技術発表会要旨
目 次

 一括版(7.4MB)

 口絵ページ(1.3MB)

 1.新技術発表の概要

  1)落葉病抵抗性を付けた「エリモショウズ」あずき新品種「十育167号」」

  2)国産初! サラダやスープに適した赤いんげんまめ「十育S3号」

  3)氷なしでもシャキッと新鮮!ブロッコリーの低コスト流通法

  4) 改良スピードup! DNAで黒毛和牛の能力予測

  5)とうもろこし子実サイレージで濃厚飼料を自給

  6)収量水準と地力で決める! 飼料用とうもろこしの窒素施肥

  7)基肥にも追肥にも活用! ITを使った可変施肥技術による収量向上

  8)「そらゆき」をたくさん穫るにはこうして作る!

 2.現地普及活動事例の概要

  1)新規参入者の定着が全道一の夏秋どりいちご産地を動かす原動力に!!

  2)北海道における秋まき小麦の安定生産に向けた取り組み

 ~秋まき小麦の分げつ性に関する調査・研究~

 3.平成29年に特に注意を要する病害虫

 4.平成28年度北海道農業試験会議(成績会議)結果の概要

 5.平成28年度研究ニーズ調査結果と課題化の経過

 

注) 「新技術」及び「平成29年に特に注意を要する病害虫」は、
「平成29年普及奨励ならびに指導参考事項」の一部です。

戻る

ページのトップへ