多量要素の欠乏症状

 マグネシウム(苦土)欠乏

症状の特徴

 1)古葉から葉脈間のネクロシス、葉縁部の枯れと内側への巻き込みが発現する。

 2)「エッチエス-138」では、古葉の葉脈間に褐色のかすり状のしみ状斑点を生じる(写真17)。
   その後、葉縁付近の葉脈間からスポット的にネクロシスが出現し、葉柄部へ向かって広がる
   (写真18)。また、古葉の縁枯れと内側への巻き込みも見られる(写真19)。

 3)「カレイニャ」では、ネクロシスは葉脈間のしみ状斑点として現れる(写真20)。この症状は
   「エッチエス-138」で見られるネクロシスと少し異なり、葉表面の葉脈間を染め抜いたよう
   に黒色を呈する。これが進行すると、葉脈以外の葉身全体に広がり、古葉が枯死する(写真21)。

 4)マンガン過剰と類似するが、マンガン過剰では新葉の葉脈間にクロロシスを生じることから
   判別可能である。

発生しやすい条件

 1)他の塩基類(カリウム、カルシウムなど)が過剰に蓄積しているハウスでは、土壌中にマグネシウムが十分あっても、これらの塩基類によってマグネシウムの吸収が阻害され、マグネシウム欠乏を発生することがある。

マグネシウムの役割

 1)マグネシウムは葉緑素の構成成分であるとともに、各種の物質代謝に関与している。

 2)マグネシウムが欠乏すると葉緑素の生成が抑制され、葉にクロロシスやネクロシスを生じる。

 3)移行しやすい要素であることから、古い葉からマグネシウムが生長の盛んな部位に移行し、症状は古い葉から生じる。

写真17 古葉の葉脈間にしみ状斑点を生じる。
   (12週目 -Mg7週目 エッチエス-138)
写真18 葉脈間のネクロシスが広がり、葉縁部縁枯れ症状を呈する。
       (14週目 -Mg9週目 エッチエス-138)

マグネシウム(苦土)欠乏の症状(その1)