微量要素の欠乏症状

ホウ素欠乏

症状の特徴

 1)最初に新葉の葉脈間にクロロシスが確認される(写真22)。

 2)新葉は抽出時からよじれて展開するために奇形化し、進行すると新葉の生育停止に至る(写真23)。

 3)根は側根の伸長が著しく抑制され、主根の長さも顕著に短くなる(写真24)。

発生しやすい条件

 1)土壌pHが高く、ホウ素が不可給化した圃場。

 2)土壌乾燥時に発生しやすい。

マグネシウムの役割

 1)ホウ素は細胞壁の形成に関与し、細胞壁の機能、構造保持に不可欠である。そのため欠乏す
   ると組織が堅くもろくなり、亀裂やコルク化の症状が茎や果実に現れることが多い。

 2)ホウ素は体内移行性が低いため、その欠乏症状は新葉に現れるのが一般的である。

写真22 新葉の葉脈間にクロロシスを生じる。
   (13週目 -B8週目カレイニャ)

ホウ素欠乏の症状(その1)