は じ め に

 北海道原子力環境センタ−は昭和61年に開所され、以来、泊発電所周辺地域の住民の方々の健康を守り、環境を保全するために環境放射線のモニタリングや温排水の影響調査を実施するほか、地域産業振興のために農水産に関する試験・研究を行ってまいりました。特に、モニタリング施設において農水産に関する試験・研究を実施している例は全国的に見ても珍しく、その成果が期待されております。

 農業に関する試験・研究を担う農業研究科では、環境放射能分析のための各種作物の栽培をはじめ、岩宇地域の特産品であるスイカ、メロンを中心に、連作障害対策、肥培管理法の改善及び育種に関する研究に取り組んでまいりました。

 このたび、農業研究科が数年にわたり鋭意研究を行い、取りまとめた