微量要素の欠乏症


ホウ素欠乏

症状の特徴

  1.  スイカやキュウリで見られるように節間伸長が著しく抑制されるとともに、先端葉の生長が停止する(写真1)。また上位葉の葉脈問に黄化がみられる。
  2.  組織が堅くもろくなり、葉柄や茎に横の亀裂が生じる(写真2,3)。
  3.  根の伸長が阻害される(写真4)。

発生しやすい条件

  1.  土壌乾燥時に発生しやすい。
  2.  ホウ素が溶脱しやすい砂質の土壌。
  3.  土壌pHが高く、ホウ素が不可給化した圃場。
  4.  ダイコン、カブなどのホウ素要求性の高い作物を栽培した後では、ホウ素が減少していることもある。



紛らわしい障害(関連の障害参照)

  • 新葉の展開が停滞する点が銅欠乏(写真)やリン欠乏に似るが、これらの欠乏症では、明らかにホウ素とは異なる症状が併発するので識別は容易にできる。

銅欠乏症の症状

写真

 上位先端葉における銅欠乏の症状。葉の展開が著しく抑制される




節間伸長の抑制、葉脈間の黄化症状

組織の硬化、葉柄の亀裂

写真1

節間伸長が著しく抑制される。上位葉の葉脈間に黄化症状が現れ、先端葉の生長が停止する。
 (3葉期−B3週目)

写真2

組織が堅くもろくなり、葉柄に横の亀裂が入る。
 (3葉期一B3週目)

茎の亀裂

根の伸長阻害

写真3

茎に現れた横の亀裂。
  (3葉期−B3週目)

写真4

根の伸長が阻害される。
(3葉期−B6週目) 
左の根:完全区、右の根ホウ素欠乏。




目次へ戻る