微量要素の過剰症


マンガン過剰

症状の特徴

  1.  スイカ、キュウリで見られるように下位葉の葉脈がチョコレート色に変化(写真1)するとともに、葉面および葉柄(写真2)の毛茸が黒褐変する。
  2.  やがて葉脈のチョコレート色は益々濃くなり、葉脈間に不定形の壊死斑が生じる(写真3)。
  3.  上位葉では、マンガン過剰により鉄の吸収が阻害されるために鉄欠乏症状が誘発されることもある。

発生しやすい条件

  1.  水はけの悪い土壌ではマンガンが過剰に溶出するので過剰害が出やすい。特に有機物の多い圃場ではマンガン過剰が発生しやすい。写真4はメロンのマンガン過剰症が発生した水はけの悪い水田転換畑。水耕栽培で発現した葉部の症状(写真2,3)と水田転換畑で発生した症状(写真5,6)が一致したことから、マンガン過剰症と診断された。
  2.  土壌pHが低く、酸性化した圃場。



紛らわしい障害(関連の障害参照)

  • ウィルスを病原とするえそ斑点病でも葉脈に異常が生じるが、えそ斑点では、褐色のえそ(細胞が壊死して褐色に変色)が観察されるので容易に識別できる。



下位葉葉脈のチョコレート色化

葉柄の毛茸の黒褐色化

写真1

下位葉の葉脈がチョコレート色に変化する。
  (3葉期+Mn4週目)

写真2

葉柄の毛茸が黒褐変する。
  (3葉期+Mn4週目)


葉脈間の不定形壊死斑

葉脈のチョコレート色化、葉脈間の不定形壊死斑

写真3

やがて葉脈のチョコレート色は濃くなり、葉脈間に不定形の壊死斑が発生する。
      (3葉期+Mn5週目)

写真5

下位葉におけるマンガン過剰の症状。葉脈がチョコレート色に変色し、葉脈間に不定形褐色壊死斑が発生している。(現地圃場)

マンガン過剰が発生した現地圃場

葉柄毛茸の黒褐変

写真4

メロンのマンガン過剰が発生した現地圃場。
水はけの悪い水田転換畑

写真6

葉柄におけるマンガン過剰の症状。毛茸が黒褐変している (現地圃場)




目次へ戻る