微量要素の過剰症


銅過剰

症状の特徴

  1.  生育が著しく抑制されるとともに上位葉ではスイカで見られるような巻き上がり症状と小葉化が観察される(写真1)。下位葉ではキュウリの水耕試験で報告されているように葉全面に黄化症状が発生する。また下位葉ではスイカで見られるような顕著なしおれではないが、軽度のしおれが観察される。このしおれは銅過剰により根の伸長が著しく阻害されることに起因する。
  2.  症状の激しい場合には、下位葉では葉脈の緑を淡く残して退色する(写真2)。

発生しやすい条件

  1.  銅含量が高い土壌。特に土壌が酸性化した場合、発生しやすい。



紛らわしい障害(関連の障害参照)

  • 下位葉がややしおれる点を除くと銅過剰の症状は窒素欠乏に似る。



上位葉の巻き上がりと小葉化

下位葉の退色化

写真1

生育が著しく抑制される。上位葉では巻き土がり症状と小葉化が見られる。
下位葉では葉全面の黄化症状と軽度のしおれが観察される。
 (3葉期+Cu3週目)

写真2

症状が激しい場合には、下位葉では葉脈の緑を淡く残して退色する。
 (3葉期+Cu3週目)




目次へ戻る