病害(かび)


べと病

症状の特徴

  1.  露地栽培では、降雨後などに高温・多湿になり易いトンネル内にある葉から発病し易い(写真1)。
  2.  最初黄褐色の小斑点が生じる(写真2)。
  3.  やがて径1〜2cm程度の黄褐〜褐色病斑に拡大する(写真3)。中央部から破れることはない。
  4.  キュウリにおける病斑のように、葉脈に囲まれた不正多角形になることもある(写真4)
  5.  病斑を顕微鏡で観察すると、べと病菌の分生子柄とその先に着生した分生子(遊走子のう)が観察される(写真5)。

発生しやすい条件

  1.  排水不良の湿潤な圃場で発生しやすい。




    紛らわしい障害(関連の障害参照)

    • 炭そ病や灰色かび病の病斑に似る。炭そ病では縁が不定形の病斑が生じ、中央部が退色し、破れやすい(写真左)。
    • 灰色かび病では輪紋状の病斑が現れ、中央部から破れやすい(写真右)。




    炭そ病の病斑と灰色かび病の病斑

    左写真
    葉部における炭そ病の病斑。
    中央から退色し、破れやすい。

    右写真
    葉部における灰色かび病の病斑。
    輪紋状の円形病斑。破れやすい。




降雨後のべと病発生状況


写真1

降雨後の露地栽培メロンでの発生状況。

初期の黄褐色小斑点


写真2

初期では黄褐色の小斑点が生じる。

葉脈に囲まれた不正多角形斑

写真4

キュウリにおける病斑のように葉脈に囲まれた不正多角形になることもある。

径1〜2cmの黄褐〜褐色病斑


写真3

径1〜2cm程度の黄褐〜褐色病斑に拡大する。

べと病菌の顕微鏡写真


写真5

べと病菌の分生子柄(A)とその先に着生した楕円形の分生子(B)。病斑を顕微鏡でのぞくと観察される。




目次へ戻る