病害(かび)


菌核病

症状の特徴

  1.  メロンのあらゆる部位で発生をみる(写真1,2,3)。罹病部位では総じて水浸状に腐敗し、やがて白色のかびやネズミ糞状の菌核が生じる。
  2.  写真4は培地上で形成された菌核病菌の菌核(Sclerotinia属)を、写真5には低温処理後に菌核から発芽した子のう盤(きのこ状)をそれぞれ示す。子のう盤の傘の部分からは細長い袋状の子のうが検出される。子のうが完熟した場合、子のうの中に子のう胞子が形成される。

発生しやすい条件

  1.  連作圃場で発生が多い。
  2.  気温が20℃前後で、降雨が続いたときに発病しやすい。
  3.  通気が悪い部分の茎葉、果実に発病しやすい。




地際茎部の病徴(白色かび、ネズミ糞状菌核)

写真1

地際茎部の病徴。白色のかびやネズミ糞状の菌核(矢印)が観察される。




果実の病徴

側枝の病徴

写真2 果実に現れた病徴。

写真3 側枝に現れた病徴。

菌核病菌の菌叢と菌核

菌核から発芽した子のう盤(きのこ状)

写真4

菌核病菌(Sclerotinia属)の菌叢と菌核。

写真5

低温処理後に菌核から発芽した子のう盤(きのこ状)。




目次へ戻る