病害(ウイルス)


えそ斑点病

症状の特徴

  1.  比較的後期の生育ステージに株もとに近い中〜下位葉に大病斑が生じる(写真1)。葉縁の葉脈に褐色のえそが生じ、やがて葉脈に沿って内部へと進展する。
  2.  生長期の若い葉には小病斑と呼ばれる小さな黄色斑点が現れる(写真2)。
  3.  本病害の病原ウィルスはメロンえそ斑点ウィルス(MNSV:Melon necrotic spot virus)であり、主に土壌中の古生菌類ネコブカビ目の藻菌類であるOlpidium cucurbitacearumによって媒介され、メロンに感染する。

発生しやすい条件

  1.  アブラムシによっては伝搬されないが、発病株の汁液によって伝搬する。栽培管理中に接触により発病株から感染することもある。
  2.  被覆資材の汚れ、日照不足、多かん水および高pH土壌などは発病を助長する。

    紛らわしい障害(関連の障害参照)

    発病初期の斑点細菌病の病斑は小病斑に似ている。

    葉部における斑点細菌病の初期病徴

    写真 葉部における斑点細菌病の初期病徴(角野原図)。




下位葉の大病斑

写真1

下位葉の大病斑。古い葉の葉脈に沿って褐色のえそが現れる。

上位葉の小病斑

写真2

上位葉の小病斑。上位葉などの新しい葉に小さな黄色斑点が現れる。





目次へ戻る