はじめに

 北海道原子力環境センターは昭和61年に開所され、以来、発電所周辺地域の住民の 方々の健康を守り、環境を保全するために環境放射能のモニタリングや温排水の影響 調査を実施するほか、地域産業振興のために農水産に関する試験・研究を行ってまい りました。特に、モニタリング施設において農水産に関する試験・研究を実施してい る例は全国的に見ても珍しく、その成果が期待されております。

 農業に関する試験・研究を担う農業研究科では、環境放射能分析のための各種作物 の栽培をはじめ、岩宇地域の特産品であるスイカ、メロンを中心に、連作障害対策、 肥培管理法の改善及び育種に関する研究に取り組んでまいりました。

 このたび、農業研究科職員が地元共和町の農家はもとより、普及センター、農協及 び役場の皆様の協力をいただきながら数年にわたり鋭意研究を行い、取りまとめまし た「メロンの栄養障害・病害虫診断のためのビジュアル情報」が平成9年度北海道農 業試験会議において関係者の皆様のご支援により、「普及奨励事項」と判定されました。

 今後、この研究成果が広く普及し、大いに活用されることを期待しておりますが、 現場の指導機関や農家の方々から診断に必要なカラー写真を提供してほしいという声 が多数寄せられましたことから、ここに「ビジュアル版メロンの栄養障害・病害虫」 として分かりやすく取りまとめた次第です。なお、病害虫については道立農試の病虫 関係者のご厚意により貴重な資料の提供をいただき、一部加筆し、より一層充実した 内容といたしました。

 好評を博しました既刊の「目でみるスイカの栄養障害 北海道原子力環境センター農業研究科1997」と同様、この資料が地元共和町をはじめ道内各地のメロン栽培の 一助となることを願って止みません。

平成10年3月

北海道原子力環境センター

      桜 井 照 安









モニタくんとジオラマパネル

北海道原子力環境センターは、北海道電力泊発電所周辺地域の住民の方々の健康を守り、環境を保全するため、環境放射線の監視や温排水影響調査を行っています。また、地域の産業に貢献するための農業・水産業の研究や環境モニタリング、原子力発電等に関する正しい知識の広報活動を行っています。

組織図



目次へ戻る