微量要素の欠乏症


亜鉛欠乏

症状の特徴

1)生育初期の亜鉛欠乏は上中位葉に白色化症状を現す。上位葉では葉身の中央部に表皮剥離状の白色斑が帯状に現れ、中心部の激化した部分は破れたような症状となる(写真44)。
2)中位葉では葉身基部側の葉縁部が白色化し、一部では主脈(中肋)部分を残して切り裂けたような状態になる(写真45)。
3)やがて中下位葉の葉脈間には銅欠乏でもみられた不規則な赤褐色斑点が現れる(写真46)。この症状は葉中亜鉛濃度の低下から亜鉛欠乏症と判断される。
4)生育中期以降の亜鉛欠乏では生育初期の欠乏で見られる上位葉の白色化症状は観察されないが、中下位葉には初期段階で赤褐色斑点が現れる。
5)さらに欠乏が続くと、中下位葉にはリンの過剰供給で誘発されたカリウム欠乏症(写真31)に類似した葉先縁枯れ症状が現れ、葉中のリン濃度の上昇とカリウム濃度の低下が起きる(写真47)。
6)亜鉛欠乏の雌穂は穂長が短く、穂先が細く、著しい先端不稔がみられると共に、穂柄側にも列状の着粒不良が見られる場合がある(写真48)。


発生しやすい条件

1)リン酸を過剰施用した場合、亜鉛の吸収が抑制される。
2)カルシウム資材の施用に伴う土壌pHの上昇により土壌中の亜鉛が不可給化する。
3)北海道ではタマネギをはじめ十勝地方(褐色火山性土)のトウモロコシ、上川地方(流紋岩質溶結擬灰岩を母材としている褐色森林土)のトウモロコシや小豆に亜鉛欠乏の発生が認められている。このような地帯では亜鉛欠乏が発生し易いので注意する。




亜鉛欠乏の症状(画像をクリックすると拡大されます 原図22〜42KB)


主脈の帯状白色斑(上位葉)

写真44 上位葉の葉身中央部に表皮剥離状の白色斑が帯状に現れ、
その中心部は破れたような症状になる。(4葉期 −Zn4週目)



葉縁の白色化と奇形(中下位葉)

写真45 中位葉では葉身基部より葉縁部が白色化し、
一部では主脈(中肋)部分を残して切り裂けた。
(4葉期 −Zn6.5週目)



葉脈間の不規則な赤褐色斑(中下位葉)

写真46 中下位葉の葉脈間に発現した不規則な赤褐色斑点。
(9葉期 −Zn1.5週目)



葉先縁枯れ(中下位葉)

写真47 中下位葉に発現した葉先縁枯れ症状
(リン濃度が上昇しカリウム濃度が低下する)。
(9葉期 −Zn4週目)



短穂と先端不稔と穂柄の帯状着粒不良

写真48 穂長が短く、穂先が細い。著しい先端不稔と
穂柄側に列状の着粒不良が観察される。(9葉期 −Zn6.5週目)



目次へ戻る