トマトの斑点病                 

 平成15年9月に静内町でミニトマトに褐色〜黒褐色の斑点が生じる症状が発生した(上図)。
症状は葉に多く認められたが一部葉柄にも病斑が認められた(下図)。
病斑部には俵状で縦に隔膜を有する胞子が確認され,本症状は斑点病であることが明らかとなった。発病品種は「千果」および「キャロル10」のみであった。
近年の大玉品種は斑点病に対してほとんどが抵抗性を持ち,問題にはならないが,ミニトマトでは一部抵抗性がない品種がある。そのため,ミニトマトを栽培するに当たっては本病の抵抗性の有無を確認し,感受性の品種を栽培する場合は本病の発生に十分注意する必要がある。

(花・野菜技術センター病虫科)

戻る