@charset "utf-8"; にんじんの白かび病

にんじんの白かび病             

平成14年9月,北海道富良野市で貯蔵中のニンジン根部が白色の病斑に覆われる症状が発生した.罹病部は水浸状に軟化腐敗し,深く陥没する症状も見られた(上図)。病斑部から白色の菌そうで気中菌糸のない糸状菌が分離された。分離菌をニンジン根部に接種したところ,同様の症状が再現された。病原菌の菌糸幅は6.9-13.7μmで,菌糸の先端は二股状に分岐する。

 分岐後,一方の菌糸は先端から分節して円筒状の分生子となり,その大きさは4.2-6.7×6.1-12.3μmである(下図)。炭素源の同化性やその他病原菌の諸性質から,本病菌はGeotrichum candidum Link と同定された。
 本病は本邦で未報告の病害であることから,病名を白かび病(新称)と提案した。

         (花・野菜技術センター病虫科・富良野普及センター)

戻る