しいたけのイタヤムラサキトビムシ            

平成14年10月、上士幌町の原木栽培しいたけにトビムシが高密度で発生した。体長2mm程度の紫黒色のトビムシが、傘の下面のひだのすき間や脚部を主体に一子実体あたり数十〜百頭以上付着した。子実体に直接的な食害痕は認められなかったが、付着した虫を送風等により除去することは困難で、トビムシが多量に付着した子実体は生食用として出荷できなくなった。発生種は、道立釧路商業高等学校の須磨氏により、イタヤムラサキトビムシHypogastrura(H.) itaya Kinoshitaと同定された。

本種は、普通森林土壌やその表面に多く、まれに樹上から得られることもある。

            (防除所予察課 )

戻る