てんさいのアシグロハモグリバエ

平成16年10月に、胆振支庁管内2町のてんさいに、ハモグリバエの幼虫による激しい潜葉被害が認められた。

発生面積は概算で250ha程度で、発生は広範囲のほ場で認められた。

多発ほ場では寄生株率が100%に達し、株の中・下位葉の葉脈沿いを主体にした潜葉痕(もぐり痕)により、葉全体が萎凋枯死する株も認められた。

このような被害の発生に先立ち、9月中旬にはてんさいの葉に成虫による食痕が多数認められた。加害種は、羽化成虫によりアシグロハモグリバエLiriomyza huidobrensis Blanchardと同定された。

本種は南アメリカ原産の広食性の侵入害虫で、平成13年に胆振支庁管内の花・野菜農家で発生が確認されている。国外および道内での発生状況から好適な寄主作物と考えられるてんさいには、これまでハモグリバエ類の加害事例はなく、類似被害としては、本種幼虫(体長2mm)と比較して大型(体長5mm)の幼虫が袋状の潜葉痕を残すテンサイモグリハナバエだけがあげられる。本種は道内の露地での越冬は困難と考えられる。

   (中央農試予察科)

追補 平成18年発生

葉全体が萎凋枯死する株
アシグロハモグリバエ

戻る     追補へ