オクラの半身萎凋病

 平成16年6月、十勝支庁管内帯広市でハウス栽培のオクラに萎凋症状が認められた。

発病個体の導管部は褐変し、褐変部位からは高頻度で糸状菌が分離された。分離菌は、PDA培地上ではじめ白い綿毛状の菌叢を拡げ、やがて中心部から黒変しビロード状を呈した。分生子柄には無色で3〜5本のフィアロイドが輪生し、その先端に2.0〜3.0μm×3.8〜5.0μmの分生子が形成された。後に培地上に粒子状の微小菌核を形成し、生育適温は20℃前後で、30℃でも生育したことから、本菌をVerticillium dahliae Klebahnと同定した。

接種試験でオクラに対する病原性が確認されたが、その他にトマト、なすおよびだいこんにも病原性が認められたことから、本分離菌はトマト系と考えられた。オクラでの病徴は、なすと同様に、萎凋に伴い葉の周縁が上に巻きあがる。オクラはV. dahliaeの好適寄主植物として知られているが、道内一般ほ場での発生は初めてである。

(十勝農試・十勝中部農改センター)

戻る