アスパラガスのカンザワハダニ

 平成16年7月に美唄市のハウス立茎栽培アスパラガス(品種:「バイトル」)で、成茎や若茎に白いかすり状の傷が生じる被害が発生した。

また、成茎上部では擬葉が糸で覆われ黄化する症状も見られた。糸で覆われた部分やかすり状の被害部には、赤色のハダニの寄生が認められ、カンザワハダニTetranychus kanzawai Kishidaであった(道南農試:中尾同定)。

本種を含むハダニ類による被害は、府県で報告されており、ハウス内の高温・乾燥条件で発生が助長されたものと考えられた。

(花・野菜技術センター)

戻る