ひまわりのクロゲハナアザミウマ             

  平成14年7月に砂川市のハウス栽培のひまわり(品種:「輝」)で,下位葉より葉が黄化する被害が発生した。まだ黄化していない葉では多数の白色の小斑点ができ,葉裏にはアザミウマの成虫・幼虫が寄生していたことから,この被害は,アザミウマの加害によるものと考えられた。このアザミウマは,クロゲハナアザミウマThrips nigropilosus(Uzel)と同定された(上川農試,中尾弘志)。発生地では,ハダニによる葉の被害状況と似ていたことから,殺ダニ剤のみの防除を行なっており,そのため被害が大きくなったと思われる。本種は,キク科,キンポウゲ科に寄生し,短翅型の成虫が見られることが知られている(梅谷ら,1988,「農作物のアザミウマ」)。

   (花・野菜技術センター病虫科)

戻る