Rhizoctonia属菌によるアルストロメリアの立枯症     

  平成15年7月、栗沢町のハウス栽培アルストロメリアで地上部が萎ちょう・枯死し(写真上:健全株・上段と枯死株・下段)、地下茎が褐変・腐敗する症状(写真下)が発生した。本症状からはRhizoctonia属菌が分離され、分離菌をフスマ培地で培養しアルストロメリアに接種した結果、立枯症状が再現された。接種株からは本菌が再分離された。以上のことから本症状がRhizoctonia属菌による病害であることが判明した。これまで本菌によるアルスルトロメリアの病害の報告事例はなく、新病害である。栗沢町における本病の発生は、数年前から夏季を中心に認められ、品種「アモール」で特に発生しやすいことが知られている。

(防除所 予察課)

戻る