ハスカップのハマナスホソバヒメハマキ    平成19年6月下旬から7月上旬に、厚真町のハスカップ園4園地で収穫したハスカップ果実から鱗翅目幼虫と顆粒状の虫糞が発見された。果実中に黒色で体長1cm弱の小型の鱗翅目幼虫が認められ、この幼虫が内部を食害したと思われる被害果は表皮が萎縮していた。発生園地では多くの樹にクモの巣状に営巣した葉巻症状が認められ、その近くの果実に被害が多く認められた。7月下旬には体長6mm程度の小型の蛾が羽化した。成虫の体色は明るい黄褐色で、翅には明るい褐色から暗褐色の複雑な模様が認められ、ハマナスホソバヒメハマキLobesia yasudai Bae et Komaiと同定された。発生園地は山林に接したり周囲を樹林に囲まれたりしており、このような環境で被害が多発する可能性がある。

                                          (中央農試予察科)

Top