カーランツのスグリコスカシバ          
 平成17年5月下旬に、後志支庁管内余市町の果樹園で栽培されているカーランツ、平成19年5月下旬には、空知支庁管内長沼町の果樹園2園地のレッド、ブラックカーランツに、枝の髄部を穿孔加害する害虫による被害が発生した。被害部は径3〜6mm程度の枝が主体で、被害枝は枝上の芽が全て枯死するか、新芽の発芽・生育が極めて劣った。被害枝は、髄部が加害により空洞化し、内面は暗褐色を呈した。茎内部には、体長11mm内外の鱗翅目の老令幼虫および蛹が認められた。6月中旬〜下旬には、成虫が羽化した。羽化成虫は、スグリコスカシバ(新称)Synanthedon tipuliformis (Clerck)と同定された。

                                          (中央農試予察科)

Top