食用ユリのカタクリハムシ         
 平成18年12月、真狩村において、貯蔵している食用ユリの鱗片に潜って食害した痕跡が確認された。症状は鱗茎表面の表皮下を幅2o程度の溝が走り、表皮が破れて褐変していた。被害球率は1%程度であったが、潜行内部の褐変症状により被害球は出荷が困難であった。被害球の一部で鱗茎中心部まで症状が見られ、この中から白色で体長約10o、腹脚を欠き胸脚を持つ幼虫が採集された。この幼虫から、加害種はSangariola punctatostriata (Motschulsky)と同定された(松沢春雄氏同定)。本種の成虫は体長5〜7o、体背面は赤褐色、体腹面、触角及び脚は黒色で、北海道では5〜9月にかけて観察される。幼虫はユリ科植物の鱗茎に潜るとされている。寄主植物はカタクリ、オニユリ、ヤマユリなどのユリ類である。
                     (中央農試・病害虫防除所)
被害

加害する幼虫

成虫

Top