はぼたんの黒腐病               

平成12年9月に恵庭市のはぼたん(品種:「白すずめ」)で葉が黄化して腐敗する症状が発生した。病斑ははじめ葉縁からV字に黄化した病斑が現れ,古くなると褐色〜黒褐色に変色する(写真)。病斑部からXanthomonas菌と思われる細菌が高率に分離され,はぼたんの幼苗(「白すずめ」および「シロクジャク」)に接種したところ,自然発病と同様の症状が再現された。細菌学的性質を調べた結果,病原細菌はXanthomonas campestris (Pammel) Dowsonと同定され,はぼたんの黒腐病の発生を確認した。

(花・野菜技術センター病虫科))

戻る