多発要因

1.塊茎形成期の高温・乾燥条件で多発する。

2.短期輪作(連作)および根菜類の過作が発病を助長する。

3.土壌pHが高く、あるいは交換酸度が小さいほど多発する。

4.バーク堆肥などの有機物の施用は発病を助長する。

輪作年数との関係 輪作作物との関係
輪作年数とそうか病の発生との関係
輪作年数が長いほど発生が少ない傾向がある。 根菜類の作付け頻度が高いほど、あるいは豆類の作付け頻度が低いほど多発する傾向がある。

交換酸度および土壌pHとの関係

交換酸度と発病度の関係
土壌pHと発病度の関係
次へ