病虫部 予察診断グループ

業務と情報

病虫部予察診断グループは、作物に悪影響を及ぼす病害虫の的確な防除を目標に、病害虫の発生予測や診断に関わる以下のような試験研究を実施しています。


1.病害虫の発生予察:北海道病害虫防除所と連携して「病害虫発生予察調査」に係る各種調査のとりまとめや、病害虫防除所が発表する病害虫発生予察情報の作成をサポートしています。また、病害虫発生予察のための試験研究に取り組んでいます。


2.病害虫の診断: 発生した病害虫の早期発見や健全な種苗の生産に寄与する、高精度簡易診断法の開発を行っています。


3.また、薬剤抵抗性病害虫対策、クリーン農業をサポートする減農薬防除技術確立のための試験研究を行っています。




アカヒゲホソミドリカスミカメ

ジャガイモ疫病

あぶらな科コナガ

1.病害虫発生予察調査と発生予察情報の提供

 
農業場面において、病害虫によって引きおこされる経済的被害を防止するために、病害虫の発生の可能性を予め察知し、合理的な対策を立てる必要があります。
このため、各農業試験場に設置した無防除の予察ほでの定期的な 定点調査結果、一般ほでの現地巡回調査、及び気象情報などに関連するデータを検討した上で、発生時期や発生量を予測し、これらの情報を関連機関・団体に提供します。



2.病害虫に関する調査研究


病害虫の発生予察精度の向上、 病害虫発生モニタリング手法の開発および農薬の施用技術等について調査研究を行っています。また、農業改良普及センターや農家等から病害虫の診断・同定の依頼があった場合、様々な手法を用いて原因を解明し、的確な防除技術について指導しています。


研究成果一覧


3.農薬安全使用の指導



 農薬危被害防止対策の推進や農薬安全使用基準の遵守等、農薬の安全で適正な指導について指導しています。




研究職員一覧

別ウインドウで研究職員データベースへ



 

ページのトップへ