植物遺伝資源の保存管理

保存管理の流れ


保存管理の流れを図で説明

情報の登録


external_image

遺伝資源データベース


3つの情報を登録しています。


情報の公開

external_image

http://www.agri.hro.or.jp/grdb/

情報は、Webで公開しています。検索した遺伝資源は、試験研究や北海道の地域振興が目的であれば、申請により提供が可能です。


植物遺伝資源の活用

保存点数

2020年4月現在、合計 28,189 点を保存管理しています。


保存種子は発芽力検定を定期的に行い、発芽力の低下や種子量が減少した場合は再生産を行います。


圃場での採種が困難な遺伝資源は、難採種温室において曰長と温度を制御し、増殖を行います。




external_image



ベースコレクション貯蔵室(- 10℃、30%RH)






アクティブコレクション貯蔵室(-1℃、30%RH)

検査



保存種子の発芽力検定





シャレー法による準備

  • それぞれの植物に適した温度、光条件で発芽させます。発芽力が低下してきた場合には再生産します。

再生産






圃場における遺伝資源の増殖(麦類)

遺伝資源部トップ

ページのトップへ