2. 主要な農作物(水稲、麦類、豆類)の種苗生産

新品種が農家で栽培されるまで数回の種子増殖が必要です。
中央農試遺伝資源部では、育成場から新品種の基本系統を受けとり、これから増殖の起点とになる育種家種子を作出し、民間の原原種ほに供給しています。遺伝的に純正な種子を生産するためには、異品種などが混じらないよう異型株の抜き取りなど厳密な作業が必要です。また、病原菌の汚染のない健全な種子の生産には細心の栽培管理が必要です。
この他、新品種の早期普及のための予備増殖や原原種の品質管理のための技術指導と審査補助も行っています。

育種か種子生産ほ場

育種家種子の生産圃場(麦類)


■新品種の種子増殖体系


種子増殖体系
遺伝資源部トップに戻る

ページのトップへ