機械分野の研究成果

(課題名をクリックすると成績概要にジャンプします)

R2-1 ロボットトラクタの適用作業及び作業時間の短縮効果(R2)
28-1 専用キットを利用した汎用コンバインによる子実用とうもろこし収穫技術(H28)
27-1 子実用とうもろこしの田畑輪換圃(泥炭土)における機械収穫・栽培の実証及び経済性評価(H27)
25-1 ハイブリッド型膜モジュール内蔵バイオガス精製装置 (H25)
25-2 耕うん・収穫時における簡易燃料消費量推定法 (H25)
23-1 子実用とうもろこしの機械収穫体系 (H23)
22-1 汎用コンバインによる水稲直播用種子の低損傷技術(H22)
22-2 温湯消毒籾の乾燥による保管技術 (H22)
20-1.余剰バイオガス精製・圧縮装置と地域利用システム(H20)
20-2.水稲側条施肥へのBB肥料の適応性(H20)
20-3.水稲に対するケイ酸資材の機械散布技術(H20)
20-4.Y字二頭口ドリフト低減ノズルによる農薬飛散低減及び防除効果(H20)
20-5.小麦調製体系における光学式選別機の利用による歩留の向上(H20)
19-1.道北強粘質転換畑における耕起法を組み合わせた作付体系モデル(H19)
19-2.飛散防止カバー付き畦間散布装置を用いた除草剤の低飛散・畦間散布技術(H19)
18-1.デオキシニバレノール(DON)に対応した小麦調製法と貯蔵中におけるDONの消長(H18)
18-2.豆類の損傷粒発生要因の解明と小豆の吸水性向上技術(H18)
17-1.蒸気消毒機を用いた土壌消毒技術(H17)
17-2.トラクタ搭載型センサを用いた窒素可変追肥による秋まき小麦の圃場内生育変動の軽減対策(H17)
16-1.小豆の機械収穫早限と乾燥調製特性(H16)
16-2.小麦のデオキシニバレノール汚染低減のための乾燥調製法(H16)
16-3.強粘質土壌転換畑における大豆の播種同時耕盤破砕技術(H16)
14-1.汎用コンバインによる水稲直播用種子の収穫技術(H14)
14-2.粒厚選別と色彩選別の組み合わせによる玄米品質および歩留向上技術(H14)
14-3.秋まき小麦に対する可変追肥のための葉色センシング技術(H14)
13-1.小豆の機械収穫体系(H13)
13-2.大型遠赤外線乾燥機による籾の乾燥(H13)
13-3.イネホールクロップサイレイージ用フレール式ロールベーラの作業性能(H13)
13-4.炭化製紙滓の融雪剤利用(H13)
12-1.内部品質から見た高水分春まき小麦の収穫・乾燥条件(H12)
12-2.精密農業のための圃場マップ作成と収量センシング技術(H12)
11-1.カントリーエレベータにおける冬期冷却による籾調製貯蔵技術(H11)
11-2.汚粒を出さない大豆のコンバイン収穫技術と汚粒洗浄技術(H11)
11-3.キャベツの生育中期までのコナガに対する減農薬防除技術(H11)






中央農試のホームページに戻る。


Copyright (C) 2001 Hokkaido Central Agri. Expe. Stn. Agricultural Machinery Section All Rights Reserved.

ページのトップへ