設備使用について

 企業・団体等の皆様の技術開発、製品開発などを支援するため、農業試験場が所有する試験設備や機器の一部を有料で開放しています。「成分を測定したい」、「品質を調べたい」などの際にご利用ください。

注意事項

道内に住所を有しない方(法人又は団体にあっては、道内に事務所又は事業所を有しない場合)については、法人の諸料金規程に基づき、料金表の2倍の料金になります。

●納入された料金は返還いたしません。

●使用者の都合で設備を使用しなかった場合でも、料金を請求させていただきます。

●設備の使用時間は、原則、職員が通常勤務する日(土、日、祭日及び年末年始の休日を除く)の就業時間内とします(8:45~17:30)。

●使用目的によっては、消耗品等を持参していただく場合がありますので、事前にご確認ください。

●設備の使用に際しては、担当者の指示に従うとともに、異常に気づいたときは速やかに連絡してください。また、使用時の事故による補償は行いませんので、安全管理に努めてください。

●使用者が、故意又は過失により設備に損害を与えたときは、本人又は事業主に賠償責任が生じます。

手続きのフロー

①設備使用相談 (企業⇔研究員)

②日程等調整 (企業⇔研究員)

③申込書提出 (企業→担当グループ)

④機器使用 (企業)・ 使用方法説明(研究員) 

⑤使用実績確認、使用後点検 (研究員→担当グループ)

⑥振込依頼書送付 (法人本部→企業)

⑦使用料納入 (企業→金融機関等)

※③には企業の印鑑が必要です。なお、代表者本人による自署の場合は、押印を省略することができます。

ご利用いただける試験設備・機器と使用料等

名称及び使用料(PDF)  主な試験機器等

申込書

申込書様式(PDF)  申込書様式(Word)  申込書様式記載例(PDF) 

申込み・お問い合わせ先

〒069-1395 夕張郡長沼町東6線北15条
地方独立行政法人 北海道立総合研究機構
中央農業試験場 総務部総務課
TEL 0123-89-2001 FAX 0123-89-2060

ページのトップへ