[畜産環境科のページに戻る] [北海道立畜産試験場の ホームページに戻る]


パンフレット

「シートを利用したふん尿処理施設の作り方」

---低コストなふん尿処理をすすめるために ---


2002年3月に(社)北海道酪農畜産協会より発行され、北海道内の畜産農家・関係機関に配布されました。

ネット上で公開しています [ HTML版 目次へ ]  [ pdf版目次へ ]

※2003年7月に、このパンフの拡充・改訂版である「シートを利用したふん尿処理施設整備マニュアル」が発行されました。併せてご参照下さい。


発行: 社団法人北海道酪農畜産協会

発行日: 2002年3月

編集委員: 北海道立畜産試験場、北海道立根釧農業試験場、北海道農政部酪農畜産課

事務局: 社団法人北海道酪農畜産協会情報調査部


表紙イメージ

A4版・カラー・14ページ

「はじめに」 より

 ふん尿処理には、通常、堆肥舎やスラリーストアといった高額な施設を必要とし、大きな負担が伴うと考えられています。これまで、いろいろなふん尿処理施設が考えられてきましたが、新し い施設や機材に関心が払われ、必ずしも低コスト化への努力が十分だったとはいえません。
 この度、道立農業試験場では、「家畜排せつ物法」の管理基準に適合し低コストな管理を 行うため、シートを使い自分で整備可能なふん尿処理施設の研究を進めてきました。平成16年 の家畜排せつ物法の適用をにらみ、シートを利用したふん尿処理施設を提案いたします。ここ に示した例は、あくまで、基本的な構造を提案したものです。それぞれの経営、ふん尿処理体系、利用方法などを考え、畜産農家自らが工夫を行うことにより、使い勝手のよい実用的施設にな ると考えます。


北海道酪農畜産協会のページで も公開されています。