建築研究本部の業務

建築研究本部は、積雪・寒冷地域における建築・住まい・地域づくりを研究領域として、その前身となる道立寒地建築研究所が設立されて以来、調査研究とその成果の普及に努め、北海道の住環境の向上や、住宅・建築関連産業の発展を支えてきました。

これからも、北海道立総合研究機構(道総研)の一員として、北海道が直面する様々な課題解決のため、建築・住まい・地域づくり分野を中心とした研究を内外と連携協力して進め、その成果を道民の皆様に還元することで、持続可能な北海道の実現に貢献していきます。

この理念と目標を達成するために、中期計画(H27~H31)の中で3つの研究方向を定め、業務を推進しています。

○環境負荷を低減する建築・まちづくりの実現

地域や建築物における環境負荷低減を実現するため、省エネルギーや再生可能エネルギーの活用に関する研究開発に取り組みます。

○良質・安全な暮らしを支える建築・まちづくりの研究

良質で安全に暮らせるまちづくりのため、良質な建築ストックの形成・活用、建築物の安全性確保・向上や、災害に強いまちづくりに関する研究開発に取り組みます。

○地域と産業を支える建築・まちづくりの研究

人口減少、少子化及び高齢化の状況下において持続可能な社会の実現のため、都市再生や集落の維持・再編などマネジメント手法や、地域の建築産業を支える技術、建築物の維持・再生に関する研究開発に取り組みます。

などの役割を担い、調査研究、試験・評価、普及支援の3つの業務に取組みます。

職員数

建築研究本部  50名

(うち建築性能試験センター14名、北方建築総合研究所24名)※平成30年4月現在

組織図、グループの詳細はこちら

ページのトップへ