「道総研まちづくり塾2018」を開催しました

平成30年11月22日


昨年度に引き続き、市町村職員を対象とした「道総研まちづくり塾2018」を開催しました。

まちづくり塾は、急激な人口減少、超高齢化、自治体財政のひっ迫などの社会情勢に対応するため、研究成果や実践例をもとに市町村と道総研職員が“50年後のふるさとづくり”を共に考える機会です。

今回も少数精鋭の市町村職員が、講義や討論から道総研や他機関の研究知見を識り、道総研の研究者とともにまちづくり戦略を実践的に思考検討することで、将来のまちづくりの方向性を考えました

日時

2018年11月6日(火)13:00~11月8日(木)15:00

場所

道総研建築研究本部(旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号 リサーチパーク内)

対象者

 道内市町村の都市・建築・企画・財政部局等の職員(2名1組)で、5市町がご参加くださいました。

開催概要

開催概要PDF

「道総研まちづくり塾」は、来年度以降も開催を予定しております。

ご関心のある市町村職員の方はぜひ参加をご検討ください。


地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部

ページのトップへ