データマップ(地質研WebGIS)

データマップの利用について

樽前山火山防災データマップの参考・引用資料について

樽前山火山防災データマップの各レイヤデータは、下記の資料を参考・引用して作成しました。データマップを再利用する場合は、それぞれのレイヤデータの参考・引用資料をご参照の上、各資料の利用条件にしたがって下さい。

樽前山火山防災データマップの参考・引用資料 一覧表
レイヤ 参考・引用資料
活火山 気象庁(編),2005,日本活火山総覧(第3版)気象庁,635p.
避難所 樽前山火山防災会議協議会,2002,樽前山火山防災計画.樽前山火山防災会議協議会,135p.
地形陰影 国土地理院,1999,数値地図50mメッシュ標高,日本-I.CD-ROM版,国土地理院
Ta-IIIa0降下火砕堆積物 Mitsuhiro Nakagawa, Ryuta Furukawa and Mitsuhiro Yoshimoto, 2003, CALDERAS AND ACTIVE VOLCANOES IN SOUTHWESTERN HOKKAIDO. IUGG 2003 Field Trip Guidbook, A1, The Volcanological Society of Japan, p1-35.
石川俊夫・横山 泉・勝井義雄,1972,樽前山Ta-b期以降の火山噴出物の分布図(1:100,000).樽前山 火山地質・噴火史・活動の現況および防災対策,北海道における火山に関する研究報告書,2,付図2,北海道防災会議.
Ta-a降下火砕堆積物 石川俊夫・横山 泉・勝井義雄,1972,樽前山Ta-b期以降の火山噴出物の分布図(1:100,000).樽前山 火山地質・噴火史・活動の現況および防災対策,北海道における火山に関する研究報告書,2,付図2,北海道防災会議.
北海道火山灰命名委員会,1972,胆振、石狩、後志、日高支庁管内火山灰分布図(1:200,000).北海道の火山灰分布図,3,北海道火山灰命名委員会・北海道農業試験場
町田 洋・新井房夫,2003,新編 火山灰アトラス 日本列島とその周辺東京大学出版会,336p.
Ta-b降下火砕堆積物 石川俊夫・横山 泉・勝井義雄,1972,樽前山Ta-b期以降の火山噴出物の分布図(1:100,000).樽前山 火山地質・噴火史・活動の現況および防災対策,北海道における火山に関する研究報告書,2,付図2,北海道防災会議.
北海道火山灰命名委員会,1972,胆振、石狩、後志、日高支庁管内火山灰分布図(1:200,000).北海道の火山灰分布図,3,北海道火山灰命名委員会・北海道農業試験場
町田 洋・新井房夫,2003,新編 火山灰アトラス 日本列島とその周辺東京大学出版会,336p.
Ta-c1降下火砕堆積物 北海道火山灰命名委員会,1972,胆振、石狩、後志、日高支庁管内火山灰分布図(1:200,000).北海道の火山灰分布図,3,北海道火山灰命名委員会・北海道農業試験場
Ta-c2降下火砕堆積物 北海道火山灰命名委員会,1972,胆振、石狩、後志、日高支庁管内火山灰分布図(1:200,000).北海道の火山灰分布図,3,北海道火山灰命名委員会・北海道農業試験場
Ta-d降下火砕堆積物 北海道火山灰命名委員会,1972,胆振、石狩、後志、日高支庁管内火山灰分布図(1:200,000).北海道の火山灰分布図,3,北海道火山灰命名委員会・北海道農業試験場
火山噴出物 Mitsuhiro Nakagawa, Ryuta Furukawa and Mitsuhiro Yoshimoto, 2003, CALDERAS AND ACTIVE VOLCANOES IN SOUTHWESTERN HOKKAIDO. IUGG 2003 Field Trip Guidbook, A1, The Volcanological Society of Japan, p1-35.
湖域 国土地理院,2002,数値地図25000(空間データ基盤),石狩・後志.CD-ROM版,国土地理院
海域 国土地理院,1999,数値地図25000(行政界・海岸線).CD-ROM版,国土地理院
市町村 国土地理院,1999,数値地図25000(行政界・海岸線).CD-ROM版,国土地理院
標高 国土地理院,1999,数値地図50mメッシュ標高,日本-I.CD-ROM版,国土地理院
5万分の1地形図 国土地理院,2001,数値地図50000(地図画像),北海道III.CD-ROM版,国土地理院
国土地理院,2001,数値地図50000(地図画像),北海道IV.CD-ROM版,国土地理院

ページのトップへ